スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
ショヒテルのきゅうじちゅ
上海she山にできたらしい、素敵なホテルに繰り出した。

昔、初めて就職した会社で雪の降る真冬になぜかバーベキューという無謀な社員旅行があり、金輪際she山には行くまいと心に決めた場所。ぜんっぜんいい印象が無いものだから、フン!なんて思ってたけど、最近意外と良かった○シェルジュの「上海でプチ家族旅行特集」、先日のぶどう狩りも良かったので、フリーペーパーを信じて行ってみることにした。国慶節期間だからとは言え、1泊1,800元。まぁまぁそこそこ楽しむことはできるでしょ。

それがもー気が遠くなるくらい、良かった。
よかった。

デリカシーのない老板は、「なにもないやん!」なんて言ってたけど、1歳半の子を連れて、ゆっくりしたいと出かけるのであれば、緑あり、空気よし、お庭充実なだけで充分。むしろ求めているのはその何も無さ。

1階のお部屋からはそのままプールに繰り出せるなんて誘い文句につられて、
少々背伸びをしまして、取ったお部屋がこんな具合。



プールは24時間使用できるんだって。真夏だったら、更に良かったでしょうねぇ。



お部屋は地中海風、中華風、あとなんたら風から選べるって書いてあったけど、
とりあえず今は中華風のみ。まぁ、何風でも構いません。
お風呂に入りながらテレビが見れたり、クッションだらけのベッドにダイブ!
などなど湧男くんは大はしゃぎです。

心配していた食事も、意外と気取っていい感じ。
高いけどね。初日のデナァ〜は地中海の味を…



情報誌には「恋人たちのホテル」なんて書いてあったけど、子連れが多くて
想像以上に気楽でいられました。逆に「恋人たち」にとっては興醒めするかな…
なんて思ったりもしたけど、そんな気持ちは忘れてしまいました(笑)。
湧男さえご機嫌であれば満足でございます。

| チハル | - | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:50 | - | - | -









http://shanhaianshun.jugem.jp/trackback/112